仙台で二重まぶたの整形手術をしました

アイプチが欠かせない生活

人と比べると目が細いことがとてもコンプレックスでした。
小学生の頃は目が小さいことで、周囲の人たちからからかわれたこともたくさんあったのです。
辛い日々を過ごしている時には、気分が暗くなってしまうこともたくさんありました。
そのような気分を二度と味わいたくないと思ったので、その後は化粧をするようになりました。
アイプチを使って大きなまぶたを作るようになってからは、少しずつですが自分の顔が好きになりました。
しかし、アイプチを使って化粧をするのには時間がかかりすぎていたのです。
大学生の頃も毎日利用していたのですが、準備をするだけでも1時間は必要でした。
あまりにも時間を無駄にしていたことは知っていたのですが、やめられなかったのです。
というのも、すっぴんのままで外出をしたり学校に行くことが怖いと思っていたからでした。
また昔のように人々にからかわれることが嫌だったので、少しだけの外出でも必ずメイクを欠かさないようにしていたのです。
ある日、自宅の近くの商店街を歩いていると美容整形外科のキャンペーンの広告を目にしたことがありました。
その写真を見ていると、似たような顔立ちの人がきれいに変化をしている姿を見ることができたのです。
これまでに二重まぶたの整形手術については考えたことがなかったのですが、真剣に考えてみることにしました。

アイプチが欠かせない生活学生には難しい費用母も喜んでやって良かったと思った